【奈良県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など

奈良県の基本データ

>>他の都道府県はこちら

奈良県の基本データ

県庁所在地奈良市
地方近畿地方
都道府県コード番号29
奈良県の花ナラヤエザクラ
奈良県の木スギ
奈良県の鳥コマドリ
キャッチコピー『奈良は あなたを 笑顔にします』
『あをによし なら旅』

奈良県の人口
1,339,260人

29位/47都道府県(日本の総人口の1.06%)
[全国ランキングを表示]

1位 奈良市
355,122人

2位 橿原市
122,406人

3位 生駒市
117,451人

4位 大和郡山市
85,353人

5位 香芝市
78,634人

2018年10月1日時点(推計人口)

奈良県の面積
3,690.94km²

40位/47都道府県(日本の総面積の0.98%)
[全国ランキングを表示]

1位 吉野郡十津川村
672.38km²

2位 五條市
292.02km²

3位 奈良市
276.94km²

4位 吉野郡上北山村
274.22km²

5位 吉野郡川上村
269.26km²

2018年10月1日時点(国土地理院面積調)

奈良県の人口密度
363人/km²

14位/47都道府県
[全国ランキングを表示]

1位 大和高田市
3,787人/km²

2位 北葛城郡上牧町
3,501人/km²

3位 北葛城郡王寺町
3,392人/km²

4位 香芝市
3,241人/km²

5位 橿原市
3,094人/km²

2018年10月1日時点(Wikipedia)

「奈良県」の県名の由来

「奈良」の由来については諸説存在するが、平らにすることを意味する「ならす」(均す・平す)が語源になったと考えられている。

これは奈良に存在した古都「平城京」の名称にも「平」の字で表れており、傾斜の緩やかな平坦な土地であったことを意味している。

その他にも有力視はされていないが、植物の「ナラ」(楢)に由来する説や、朝鮮語で国を意味する「ナラ」に由来するという説も存在する。

「奈良」という漢字にはあまり意味がない

奈良の語源は「ならす」(均す・平す)であるが、使用される漢字には大きな意味がなく、これまでの歴史上でも多様な当て字が使用されてきた。

平、名良、奈羅、那良、那楽、楢、諾良などが歴史上で使用されてきた当て字の一部であり、現在の「奈良」は『万葉集』などの文献で使用されている。(万葉集の中だけでも複数の当て字が使用されている)

>>都道府県名の由来 一覧

奈良県のシンボルマーク(奈良県章)意味・由来

奈良県章

奈良県の「ナ」の文字(カタカナ)をデザイン化したもの。

外側の大きな円は奈良の自然を表現し、内側の円は共和する精神を表現している。
横に引かれた一本の線は統一と進展を表現している。(1968年3月1日制定)

>>都道府県のシンボルマーク 一覧

奈良県の世界遺産・国宝・重要文化財

奈良県の世界遺産

法隆寺地域の仏教建造物(1993年世界文化遺産登録)
[奈良県生駒郡斑鳩町] 法隆寺、法起寺

古都奈良の文化財(1998年世界文化遺産登録)
[奈良県奈良市] 東大寺(正倉院)、興福寺、春日大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、春日山原始林

紀伊山地の霊場と参詣道(2004年世界文化遺産登録)
[奈良県吉野郡吉野町] 吉野山、吉野水分神社、金峯神社、金峯山寺、吉水神社
[奈良県吉野郡天川村] 大峰山寺

奈良県の国宝
計 203件

3位/47都道府県(日本の全国宝の18.19%)
[全国ランキングを表示]

・美術工芸品 139件
・建造物 64件(71棟)

奈良県の重要文化財
計 1327件

3位/47都道府県(日本の全重要文化財の10.03%)
[全国ランキングを表示]

・美術工芸品 1063件
・建造物 264件(403棟)

2019年2月1日時点(文化庁)

>>他の都道府県はこちら


<<奈良県の関連記事>>
「奈良県」といえば思い浮かぶ有名なものランキング-トップ10
奈良県発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)
「奈良県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)
「奈良県」のいいところや魅力、出身でよかったと思うこと
【都道府県の雑学】奈良県民に聞いた「奈良県のご当地トリビア」
【奈良県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など