【都道府県の雑学】広島県民に聞いた「広島県のご当地トリビア」

広島県のトリビア

広島県民を対象に、広島県のあまり知られていない意外な一面や習慣、役に立たない情報(トリビア)を調査しました。

【調査対象】
広島県民の10代~70代 男女

>>他の都道府県はこちら

広島県のご当地トリビア・雑学

広島県民の前で広島カープの悪口は禁物。(広島県/男性/30代)
広島では一家に1本オタフクソースがあります。
業務用と呼ばれる1リットルサイズのものも、スーパーで当たり前のように並んでいます。(広島県/女性/30代)
広島カープの真っ赤なユニフォームを着て駅やレストラン、百貨店などどこでも行きます。
ユニフォームを着て出歩くのが普通!という感覚です。(広島県/女性/30代)
広島で「つけ麺」と言えば、つけダレは冷たいものをイメージします。
関東でつけ麺を頼んだら温かいものが出てきてビックリしました。(広島県/女性/30代)
広島県民が他県民にオススメする観光スポットと言えば宮島(厳島神社)ですが、広島県民はあまり宮島に行きません。
船に乗らなくてはいけないので。(広島県/女性/50代)
広島県人は広島のお好み焼きに誇りを持っていて、「広島焼き」と言われるのを嫌がる人が多いです。
広島焼きは広島のお好み焼きを真似して他県で作られるものだからです。(広島県/女性/30代)
広島で「お好み焼き」と言えばそば入りのものを指します。
お店でお好み焼きを注文して、大阪タイプのお好み焼きが出てくることはありませんのでご注意下さい。(広島県/男性/30代)
広島県民は自動車の免許を取得したら、まず最初に山口県にある山賊へドライブに行く。(広島県/女性/20代)
広島県民に「からす麦の?」と聞くと必ず「焼きたてクッキー」と答える。
地元で有名な洋菓子メーカーの主力商品で、県外ではあまり知られていません。(広島県/女性/50代)
正座のことを広島の人は「おじんじょ」と言う。(広島県/女性/30代)
百人一首で「このたびは 幣も取りあへず 手向山」の句が読まれると札の取り合いになる。
もみじ饅頭のCMでこの句が流れていたので、百人一首に詳しくない県民でも覚えてしまった人が多いです。(広島県/女性/30代)
新商品などのテスト販売は広島県で行われる。
広島で売れるか売れないかを見て全国販売が決まることも多く、意外と最先端をいっているのが広島です。(広島県/女性/20代)
広島グルメといえばお好み焼きと牡蠣が有名ですが、県民はお好み焼きは食べ飽きているし牡蠣は嫌いな人もいるので、いつも食べているわけではありません。(広島県/女性/20代)
広島弁の「~~じゃけえの」というフレーズは、実はあまり使われない。
特に若い世代が使うことはほぼありません。(広島県/男性/40代)

>>他の都道府県はこちら


<<広島県の関連記事>>
「広島県」といえば思い浮かぶ有名なものランキング-トップ10
広島県発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)
「広島県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)
「広島県」のいいところや魅力、出身でよかったと思うこと
【都道府県の雑学】広島県民に聞いた「広島県のご当地トリビア」