【110番通報】受理件数が多い都道府県ワーストランキング

110番通報件数ランキング

事故や事件などの際に使用される110番通報

通報が必要となるような機会に巻き込まれないのが一番ではあるが、実は使用頻度は高く、全国平均でおよそ13.6人に1人がこの番号に電話をしている。
これは「1年間」の人数であり、日本人は生涯で1人6回ほど通報していることになるのだ。

意外と身近な110番通報だが、今回は警察庁から発表されている統計資料を元に、「全国47都道府県の110番通報件数ワーストランキング」を算出した。

人口が多ければ110番の件数が多くなるのも当然なので、ランキングは人口比(10万人あたり)のものとなる。

>>人口比ではない総件数ランキングはこちら

それではさっそく見ていこう!

110番通報件数ランキング ワースト10

【人口10万人あたりの年間110番通報件数】

第1位 沖縄県
11,085.0件

1件あたりの人口:9.0人

第2位 東京都
10,867.6件

1件あたりの人口:9.2人

第3位 京都府
10,012.9件

1件あたりの人口:10.0人

第4位 大阪府
9,896.0件

1件あたりの人口:10.1人

第5位 愛知県
9,066.4件

1件あたりの人口:11.0人

第6位 福岡県
8,460.7件

1件あたりの人口:11.8人

第7位 神奈川県
8,044.1件

1件あたりの人口:12.4人

第8位 岡山県
7,628.9件

1件あたりの人口:13.1人

第9位 埼玉県
7,514.4件

1件あたりの人口:13.3人

第10位 千葉県
7,513.9件

1件あたりの人口:13.3人

110番通報件数ランキング(47都道府県)

11位以降を含む全体順位はこのようになっている。

順位県名10万人あたりの110番件数1件あたりの人口
-全国平均7,333.9件13.6人
1位沖縄県11,085.0件9.0人
2位東京都10,867.6件9.2人
3位京都府10,012.9件10.0人
4位大阪府9,896.0件10.1人
5位愛知県9,066.4件11.0人
6位福岡県8,460.7件11.8人
7位神奈川県8,044.1件12.4人
8位岡山県7,628.9件13.1人
9位埼玉県7,514.4件13.3人
10位千葉県7,513.9件13.3人
11位兵庫県7,464.7件13.4人
12位香川県7,438.2件13.4人
13位滋賀県7,193.3件13.9人
14位徳島県7,135.4件14.0人
15位広島県7,108.5件14.1人
16位鳥取県6,843.1件14.6人
17位北海道6,812.6件14.7人
18位山口県6,538.5件15.3人
19位茨城県6,409.6件15.6人
20位山梨県6,386.6件15.7人
21位群馬県6,266.7件16.0人
22位和歌山県6,242.0件16.0人
23位佐賀県6,117.0件16.3人
24位岐阜県6,030.7件16.6人
25位熊本県5,767.1件17.3人
26位宮城県5,733.6件17.4人
27位三重県5,692.8件17.6人
28位栃木県5,622.7件17.8人
29位高知県5,395.5件18.5人
30位愛媛県5,356.5件18.7人
31位奈良県5,248.8件19.1人
32位大分県4,915.6件20.3人
33位石川県4,888.9件20.5人
34位長崎県4,850.4件20.6人
35位静岡県4,806.9件20.8人
36位福島県4,774.4件20.9人
37位富山県4,699.2件21.3人
38位宮崎県4,615.5件21.7人
39位新潟県4,516.6件22.1人
40位島根県4,480.2件22.3人
41位福井県4,437.1件22.5人
42位鹿児島県4,335.8件23.1人
43位長野県3,709.2件27.0人
44位山形県3,461.1件28.9人
45位青森県3,220.9件31.0人
46位秋田県3,094.3件32.3人
47位岩手県3,077.2件32.5人
※警察庁発表の都道府県別統計資料に基づく
(平成25年)

>>都道府県別の全110番通報件数と全人口を表示(人口比ではない数)

統計の注意点

なお、こういった統計は各都道府県に住んでいる人口をもとに算出されるため、観光や仕事などで他県から多くの人が訪れる都市では数値が高くなる傾向にある。

場合によっては人口が100万人でも、実際には200万人もの人が活動していることもあるからだ。

人口も多くて人口密度も高い東京都・大阪府・愛知県などの大都市を抱える地域のほか、第1位の沖縄県や第3位の京都府のような国内屈指の観光都市が上位にランクインしているのも、少なからずこの影響があるだろう。

こちらのランキングはそういった要素も加味しながら見てもらうのが良いだろう。