【長野県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など

長野県の基本データ

>>他の都道府県はこちら

長野県の基本データ

県庁所在地長野市
地方中部地方
都道府県コード番号20
長野県の花リンドウ
長野県の木白樺
長野県の鳥雷鳥
キャッチコピー『つらなるつながる信州』
『しあわせ信州』
『ふるさとに逢える 楽園信州』

長野県の人口
2,063,865人

16位/47都道府県(日本の総人口の1.63%)
[全国ランキングを表示]

1位 長野市
372,304人

2位 松本市
241,132人

3位 上田市
155,323人

4位 飯田市
99,157人

5位 佐久市
98,887人

2018年10月1日時点(推計人口)

長野県の面積
13,561.56km²

4位/47都道府県(日本の総面積の3.59%)
[全国ランキングを表示]

1位 松本市
978.47km²

2位 長野市
834.81km²

3位 伊那市
667.93km²

4位 飯田市
658.66km²

5位 大町市
565.15km²

2018年10月1日時点(国土地理院面積調)

長野県の人口密度
152人/km²

38位/47都道府県
[全国ランキングを表示]

1位 岡谷市
573人/km²

2位 上高井郡小布施町
549人/km²

3位 千曲市
497人/km²

4位 諏訪市
450人/km²

5位 長野市
446人/km²

「長野県」の県名の由来

「長野」という名称は全国的に「緩やかな傾斜の扇状地」の呼称に用いられることが多く、長野県もこれと同じ由来を持つとされる。

長野の街は古くから「善光寺」の門前町として発展してきた歴史があり、現在の長野盆地も「善光寺平」と呼ばれていた。

この善光寺平の地形が「緩やかな傾斜の扇状地」であったことから「長野」と呼ばれるようになり、その呼び名が周囲へも広まったと考えられる。
古いものでは1570年に武田信玄が記した朱印状に「長野」の名称が残されている。

県の名前は庁所在地である「長野市」に合わせる形で「長野県」となった。

>>都道府県名の由来 一覧

長野県のシンボルマーク(長野県章)意味・由来

長野県章

長野県の「ナ」の文字を鳥の飛ぶような姿で円の中に配置し、長野県民の飛躍と発展友愛と団結を表現している。

また、湖面に山が反射している景色にも見え、長野県の自然が表現されている。(1966年12月26日制定)

>>都道府県のシンボルマーク 一覧

長野県の国宝・重要文化財

長野県の国宝
計 8件

17位/47都道府県(日本の全国宝の0.72%)
[全国ランキングを表示]

・美術工芸品 3件
・建造物 5件(10棟)

長野県の重要文化財
計 188件

13位/47都道府県(日本の全重要文化財の1.42%)
[全国ランキングを表示]

・美術工芸品 101件
・建造物 87件(166棟)

2019年2月1日時点(文化庁)

>>他の都道府県はこちら


<<長野県の関連記事>>
「長野県」といえば思い浮かぶ有名なものランキング-トップ10
長野県発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)
「長野県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)
「長野県」のいいところや魅力、出身でよかったと思うこと
【都道府県の雑学】長野県民に聞いた「長野県のご当地トリビア」
【長野県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など