【長野県】歴代知事の一覧と功績・不祥事まとめ

歴代の長野県知事まとめ

>>他の都道府県はこちら

歴代の長野県知事(公選)一覧

第1代~第3代 林 虎雄

氏名:林 虎雄(はやし とらお)
生年月日:1902年7月15日

【任期】
1期目:1947年4月12日~1951年4月4日
2期目:1951年5月4日~1955年3月25日
3期目:1955年4月26日~1959年4月22日

【功績・不祥事・情報など】
天竜川水系の河川総合開発事業を行い美和ダム・高遠ダムの建設を促進した。3期務め任期満了で辞任した。

第4代~第9代 西沢 権一郎

氏名:西沢 権一郎(にしざわ ごんいちろう)
生年月日:1906年12月5日

【任期】
1期目:1959年4月23日~1963年4月22日
2期目:1963年4月23日~1967年4月22日
3期目:1967年4月23日~1971年4月22日
4期目:1971年4月23日~1975年4月22日
5期目:1975年4月23日~1979年4月22日
6期目:1979年4月23日~1980年9月11日

【功績・不祥事・情報など】
精密機械工業へと産業育成を推進した。1979年御岳山大噴火災害が発生。1980年に病で倒れ任期途中で辞任。

第10代~第14代 吉村 午良

氏名:吉村 午良(よしむら ごろう)
生年月日:1926年2月13日

【任期】
1期目:1980年10月26日~1984年10月25日
2期目:1984年10月26日~1988年10月25日
3期目:1988年10月26日~1992年10月25日
4期目:1992年10月26日~1996年10月25日
5期目:1996年10月26日~2000年10月25日

【功績・不祥事・情報など】
1997年長野新幹線が開通。1998年冬季長野オリンピックが開催。長野オリンピック誘致の運営費をめぐり、当時の帳簿が破棄されるなど多額の使途不明金が発覚。6期目を目指すも田中康夫氏に敗北し辞任。「ミスターナガノ」との呼称もあった。

第15代~第16代 田中 康夫

氏名:田中 康夫(たなか やすお)
生年月日:1956年4月12日

【任期】
1期目:2000年10月26日~2002年7月15日
2期目:2002年9月1日~2006年8月31日

【功績・不祥事・情報など】
前知事の長野五輪使途不明金について調査委員会を発足し徹底解明の姿勢を見せた。2002年県議会に知事不信任決議が可決され、失職し出直し選挙で再選した。「脱ダム」宣言や脱・記者クラブ宣言をし公共事業費の削減、公務員人件費削減を推進し、福祉や教育に予算を使うなど、財政改革を行った。3期知事選で負け辞職となった。          

第17代 村井 仁

氏名:村井 仁(むらい じん)
生年月日:1937年3月28日

【任期】
1期目:2006年9月1日~2010年8月31日

【功績・不祥事・情報など】
「脱ダム宣言」の事実上の撤回した。長野オリンピック招致での使途不明金を巡る調査委員会を打ち切った。2009年「西松建設事件」では政治資金の授受が発覚し東京地検特捜部による事情聴取が行われた。

第18代~第20代 阿部 守一

氏名:阿部 守一(あべ しゅいち)
生年月日:1960年12月21日

【任期】
1期目:2010年9月1日~2014年8月31日
2期目:2014年9月1日~2018年8月31日
3期目:2018年9月1日~

【功績・不祥事・情報など】
2014年「御岳山大噴火」では多くの被害者を出し戦後最悪の火山災害となった。リニア中央新幹線の整備計画、県内高速道路網の整備に尽力している。

歴代の長野県知事(官選)一覧

代数氏名就任日
第1代高石 和道1870年
第2代林 友幸1870年
第3代立木 兼善1871年
第4代立木 兼善1871年11月20日
第5代楢崎 寛直1873年6月27日
第6代大野 誠1881年7年7日
第7代木梨 精一郎1884年11月5日
第8代木梨 精一郎1886年7月19日
第9代内海 忠勝1889年12月26日
第10代浅田 徳則1891年4月9日
第11代高崎 親章1896年2月6日
第12代権藤 貫一1897年4月7日
第13代園山 勇1898年7月16日
第14代押川 則吉1899年8月8日
第15代関 清英1902年2月8日
第16代大山 綱昌1905年9月11日
第17代千葉 貞幹1911年7月4日
第18代依田 銈次郎1913年4月3日
第19代力石 雄一郎1914年4月28日
第20代赤星 典太1915年8月12日
第21代岡田 忠彦1921年5月27日
第22代本間 利雄1922年10月16日
第23代梅谷 光貞1924年6月24日
第24代高橋 守雄1926年8月5日
第25代千葉 了1927年4月28日
第26代鈴木 信太郎1929年7月5日
第27代石垣 倉治1931年8月28日
第28代岡田 周造1933年8月4日
第29代大村 清一1935年1月15日
第30代近藤 駿介1936年3月13日
第31代大村 清一1938年1月11日
第32代富田 健治1938年12月23日
第33代鈴木 登1940年7月24日
第34代永安 百治1942年1月9日
第35代郡山 義夫1943年1月15日
第36代大坪 保雄1944年8月1日
第37代物部 薫郎1945年10月27日
第38代伊能 芳雄1947年3月12日

>>他の都道府県はこちら


<<長野県の関連記事>>
「長野県」といえば思い浮かぶ有名なものランキング-トップ10
長野県発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)
「長野県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)
「長野県」のいいところや魅力、出身でよかったと思うこと
【都道府県の雑学】長野県民に聞いた「長野県のご当地トリビア」
【長野県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など