【宮城県】歴代知事の一覧と功績・不祥事まとめ

歴代の宮城県知事まとめ

>>他の都道府県はこちら

歴代の宮城県知事(公選)一覧

第1代 千葉 三郎

氏名:千葉 三郎(ちば さぶろう)
生年月日:1894年1月25日

【任期】
1期目:1947年4月12日~1948年12月24日

【功績・不祥事・情報など】
米軍部隊が多く駐留しているため英語が堪能な知事として就任した、公選初代の宮城県知事。

第2代 佐々木 家壽治

氏名:佐々木 家壽治(ささき かずじ / かじゅじ)
生年月日:1886年12月7日

【任期】
1期目:1947年4月12日~1948年12月24日

【功績・不祥事・情報など】
1951年に県内の商工業救済のため振興無尽(現・仙台銀行)を設立した。総合運動場建設をめぐる業者との癒着があったとされる。

第3代 宮城 音五郎

氏名:宮城 音五郎(みやぎ おとごろう)
生年月日:1883年8月3日

【任期】
1期目:1952年10月5日~1956年10月4日

【功績・不祥事・情報など】
総花予算は財政赤字を累積した。1956年に地方財政再建法の適用を受け、国の指導下に置かれた。

第4代 大沼 康

氏名:大沼 康(おおぬま こう)
生年月日:1908年4月8日

【任期】
1期目:1956年10月5日~1959年1月12日

【功績・不祥事・情報など】
東北初の社会党知事。敬老年金等支給条例と農家負債整理促進条例を制定した。1959年任期中に腎臓病のため急遽した。

第5代~第6代 三浦 義男

氏名:三浦 義男(みうら よしお)
生年月日:1895年1月8日

【任期】
1期目:1959年3月1日~1963年2月28日
2期目:1963年3月1日~1965年2月8日

【功績・不祥事・情報など】
仙台新港など財政再建の基礎を築いたが、1965年2期目在任中に胃癌のため急遽した。

第7代 高橋 進太郎

氏名:高橋 進太郎(たかはし しんたろう)
生年月日:1902年12月18日

【任期】
1期目:1965年3月28日~1969年3月27日

【功績・不祥事・情報など】
前知事より引き継いだ、新産業都市「仙台湾地区」などの大規模開発を支援した。

第8代~第12代 山本 壮一郎

氏名:山本 壮一郎(やまもと そういちろう)
生年月日:1919年6月15日

【任期】
1期目:1969年3月28日~1973年3月27日
2期目:1973年3月28日~1977年3月27日
3期目:1977年3月28日~1981年3月27日
4期目:1981年3月29日~1985年3月27日
5期目:1985年3月28日~1989年3月27日

【功績・不祥事・情報など】
1978年宮城県沖を震源とするM7.4震度5の宮城県沖地震が発生。1982年東北新幹線(大宮―盛岡間)開業。5期20年の功績は「地方自治の伝導者」と評された。退任後、宮城県名誉県民表彰をされている。                                                   

第13代~第14代 本間 俊太郎

氏名:本間 俊太郎(ほんま しゅんたろう)
生年月日:1940年2月26日

【任期】
1期目:1989年3月28日~1993年3月27日
2期目:1993年3月28日~1993年10月4日

【功績・不祥事・情報など】
1993年「ゼネコン汚職事件」で贈収賄の容疑で逮捕され2期目の途中で辞任した。懲役2年6か月・追徴金1億2千万円の実刑判決を受け収監された。

第15代~第17代 浅野 史郎

氏名:浅野 史郎(あさの しろう)
生年月日:1948年2月8日

【任期】
1期目:1993年11月21日~1997年11月20日
2期目:1997年11月21日~2001年11月20日
2期目:2001年11月21日~2005年11月20日

【功績・不祥事・情報など】
福祉政策の振興で構造改革を目指したが負債額は1344億円にも達した。県の財政難により県職員の給与を二度カットしたが、自らは退職金計1億5,000万円を全額受領した。

第18代~第21代 村井 嘉浩

氏名:村井 嘉浩(むらい よしひろ)
生年月日:1960年8月20日

【任期】
1期目:2005年11月21日~2009年11月20日
2期目:2009年11月21日~2013年11月20日
3期目:2013年11月21日~2017年11月20日
4期目:2017年11月21日~

【功績・不祥事・情報など】
2011年3月に発生した東日本大震災の復興に尽力を尽くしてきています。クリーンな政治家というイメージから「宮城の小泉」とも呼ばれています。

歴代の宮城県知事(官選)一覧

代数氏名就任日
第1代塩谷 良翰1872年1月8日
第2代宮城 時亮1873年2月7日
第3代宮城 時亮1874年9月18日
第4代松平 正直1878年7月20日
第5代松平 正直1886年7月19日
第6代船越 衛1891年4月9日
第7代勝間田 稔1894年1月20日
第8代樺山 資雄1897年4月7日
第9代時任 為基1898年6月3日
第10代大浦 兼武1898年7月28日
第11代千頭 清臣1898年8月9日
第12代高崎 親章1900年1月19日
第13代野村 政明1900年3月19日
第14代小野田 元熈1900年10月31日
第15代宗像 政1902年2月8日
第16代田辺 輝実1903年1月21日
第17代亀井 英三郎1905年12月24日
第18代寺田 祐之1908年7月20日
第19代森 正隆1913年2月27日
第20代俵 孫一1914年4月28日
第21代浜田 恒之助1915年8月12日
第22代森 正隆1919年4月18日
第23代力石 雄一郎1919年5月27日
第24代上田 万平1924年6月24日
第25代牛塚 虎太郎1926年12月18日
第26代湯沢 三千男1929年10月9日
第27代三辺 長治1931年12月18日
第28代赤木 朝治1933年7月21日
第29代半井 清1934年7月10日
第30代井野 次郎1935年6月28日
第31代菊山 嘉男1936年4月12日
第32代戸塚 九一郎1939年4月17日
第33代清水 良策1939年9月7日
第34代林 信夫1940年4月9日
第35代加藤 於兎丸1942年10月7日
第36代内田 信也1943年7月1日
第37代丸山 鶴吉1944年2月25日
第38代生悦住 求馬1945年6月10日
第39代千葉 三郎1945年10月27日
第40代渡辺 男二郎1947年3月5日

>>他の都道府県はこちら


<<宮城県の関連記事>>
「宮城県」といえば思い浮かぶ有名なものランキング-トップ10
宮城県発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)
「宮城県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)
「宮城県」のいいところや魅力、出身でよかったと思うこと
【都道府県の雑学】宮城県民に聞いた「宮城県のご当地トリビア」
【宮城県の基本データ】人口・面積・人口密度ランキング、県名の由来など